新天皇と教皇の会談を見てどっちが偉いんだろうとふと考えてしまった

1 :影のたけし軍団ρ ★:2019/11/26(火) 09:48:16.31 ID:AyTRSkZA9.net
来年の東京五輪開催を前に、沢尻を逮捕した警視庁組織対策5課(通称・組対5課)と、
同じく薬物犯罪を取り締まる組織である厚生労働省麻薬取締部(通称・マトリ)は、
有名人の薬物犯罪摘発に今まで以上に力を注ぐという報道もある。

「11月には元タレントの田代まさし(63)、プロスノーボーダーの国母和宏(31)も逮捕、そして沢尻ですから、
組対5課もマトリも徹底調査に乗り出していることがうかがえます。実は、芸能事務所の中には、警視庁OBや検察OBを顧問に入れて、
警察沙汰になるトラブルを未然に防ごうとする動きもあったと言われています。

しかし、ここにきてそういうことが通用しなくなってきたといいます。
なぜなら、捜査当局は半年後に迫る東京五輪に向けて、本気の“浄化作戦”を始めているからだといいます。
具体的に言うと、捜査情報が外に漏らさないように徹底的に内部の引き締めを行っているということではないかと。

こうした流れを受けてなのか、ある女優系の芸能事務所では、自主的な抜き打ちでの薬物検査を、ある程度定期的に行っているといいます。
また、先日はお笑い系の事務所でも、抜き打ち検査が行われたようです。その事務所では、鼻の粘膜での検査が行われたそうですよ」(芸能プロ関係者)

沢尻については、薬物の入手ルートにとどまらず、交友関係への調査も進められる見込みだ。

「沢尻は取り調べに対して“完オチ”?しているのではないかとも噂され、芸能界の薬物事情をしゃべっているのでは……という疑惑報道もあります。
沢尻の供述をもとに、新たな逮捕者も出るかもしれませんよね。また事務所の抜き打ち検査で薬物反応が出て、
急に解雇され、知らないうちに芸能界からフェードアウトする人物も間違いなく出てくると思われます……」(前出の芸能プロ関係者)

沢尻の逮捕をきっかけに、これからの半年間、芸能界に大混乱が訪れるのかもしれない――。
https://taishu.jp/articles/-/70427?page=1

0件をまとめました。
最新情報はこちら