【脳科学】考えるだけで痩せる!? 思考することで脳はどのくらいのカロリーを消費しているか研究結果が示す

1 :猪木いっぱい ★:2019/11/11(月) 22:00:17.60 ID:2+PAObtt9.net
1984年、世界チェス選手権に出場し、タイトルを争ったロシアのカルポフ選手は過去5か月の数十試合で、22ポンドを失いました。(10キログラム)、そして競技主催者は彼の健康を恐れました。

カルポフ選手は、ゲームの極端な身体的影響を経験しただけではありませんでした。
ESPNによると、それ以降、これほど深刻な体重減少を経験したチェスのプレーヤーはいませんが、エリートプレーヤーは1日で推定6,000カロリーまで燃やすことができます。

このエネルギーの大量消費の原因は脳ですか?
そして、それは、一生懸命考えることが体重を減らすための簡単なルートであることを意味しますか?
その質問を掘り下げるために、まず、通常のチェスに夢中でない脳がどれだけのエネルギーを消費しているかを理解する必要があります。

呼吸、消化、体温の維持以外の活動を行っていない体が休んでいるとき、脳は体全体のエネルギーの20%から25%を驚くほど消費していることがわかります。
これは主にグルコースです。 。

これは、それぞれ平均的な女性または男性の1日あたり350または450カロリーに相当します。子供の頃、脳はさらに貪欲です。「平均5〜6歳で、脳は体のエネルギーの60%以上を使用できます」とデューク大学の進化人類学の准教授であるダグ・ボイヤーは述べています。ボイヤーは霊長類の起源に関連する解剖学的および生理学的変化を研究しています。

このブドウ糖を食べる習慣は、実際に脳を体内で最もエネルギーが高い器官にしますが、それでも全体として体重のわずか2%を占めています。

空腹の脳

この点で人間はユニークではありません。ボイヤーは、哺乳類の脳でのエネルギー使用を研究しているデューク大学の進化人類学の大学院生であるアリアナハリントンと共同で、小さな木のトガリネズミや極小のピグミーマーモセットなどの非常に小さな哺乳類が、体のエネルギーを人間がします。

ボイヤーは、その理由は、脳が軽量であるにもかかわらず、人間の脳、および同様にブドウトガリネズミとマーモセットのグルコースに飢えた脳が、体の他の部分に比べて大きいためだと考えています。「体の大きさに比べて非常に大きな脳がある場合、おそらく代謝的にはより高価になるでしょう」とボイヤーはLive Scienceに語った。

この器官によって集められたエネルギーのほとんどは、シナプスと呼ばれる細胞構造を介して送信される化学信号を介して、脳内のニューロンが互いに通信できるようにすることに費やされている、とハリントンは言いました。「エネルギーの多くはシナプスの発火に向けられます。これは、脳内で最も高価なプロセスの1つであると考えられている膜を横切るイオンの多くの輸送を伴います。」

さらに、脳は決して休むことがない、と彼女は説明した。私たちが眠るとき、それはまだ私たちの体の機能を維持するために細胞間の信号を発射し続けるために燃料を必要とします。
さらに、脳にサービスを提供するのは、ニューロンに栄養を送るために存在する細胞群です。そして、これらの細胞はまた、生き残り、仕事を続けるために、体のグルコースの一部を必要とします。
脳の構築に費やされた膨大なリソースは、集中的な発達の期間中に、5歳または6歳のときに、脳が成人の脳が必要とするエネルギーのほぼ3倍のスカーフになる理由を説明するのにも役立ちます。

中略

したがって、評決は次のとおりです。悲しいことに、単独で考えてもスリムになることはありません。しかし、次に自分がインスピレーションに飢えていることに気づいたとき、チョコレートの余分な正方形は肥満の原因にはならないでしょう。

google翻訳一部割愛
https://www.livescience.com/burn-calories-brain.html

2 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:00:34.99 ID:nq0/oPZM0

将棋は痩せる

3 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:01:10.29 ID:KfrwMlNW0

腹回りの脂肪を取りたい
冬服のスーツのズボンがキツい

4 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:01:17.07 ID:GaA3Tacw0

囲碁も痩せる

5 :50歳無職童貞キモピザ低学歴低身長禿ロリ :2019/11/11(月) 22:02:44.07 ID:RVd50Q6W0

単位が足りなさ過ぎて、噴いたw

6 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:02:44.31 ID:AA0xGlbO0

hoi4とか痩せるよ

7 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:02:51.86 ID:AQcAL/Fj0

考えすぎると禿げるぞと言われるくらい考えてるのに痩せない

8 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:03:19.95 ID:dHk/JBDm0

プーアル茶がてきめん

9 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:03:31.92 ID:40pYMACU0

エロい事考える

ある部分に血液が集中

エネルギー消費

痩せる

10 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:03:43.72 ID:uDpAqIDp0

>>1
ダグボイヤーってTAG HEUERのパチもんみたい

11 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:04:04.31 ID:Bc6HaLAt0

エリートプレーヤーは1日で推定6,000カロリーまで燃やすことができます。

たったの6kcalかよw
下手な考え休むに似たりって奴だなw

12 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:04:06.24 ID:fcAusV5d0

そういえば棋士にデブはいないもんな

13 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:04:46.59 ID:fcAusV5d0

つまりデブは脳を使ってないということだ

14 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:05:13 ID:bW6jEdLJ0

学生の時、試験勉強してると無茶苦茶腹減ってたなあ。

15 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:05:42 ID:emLiti2T0

動いた方が早い

16 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:06:14 ID:apcAH5z60

>>9
液体が出る

痩せる

17 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:06:28 ID:hdA4I0+z0

デブり始める中年棋士は読みも衰えだすね

18 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:07:19 ID:fcAusV5d0

脳みそは裏切らない

19 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:07:49.74 ID:RE3RtGCbO

オセロは変なのにはまって太って消えた

20 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:07:57.66 ID:Ayy8zkUQ0

国際会議の同時通訳の人の摂取カロリーが
凄いのは聞いたことあるな

21 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:08:09.14 ID:AK1Hl1P+0

食べるから太るのか
太るから食べるのか

22 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:08:38.43 ID:3/m6a3xh0

そういや学者にデブは少ないイメージ

23 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:08:50.38 ID:yjRdFz2P0

なんか集中すると逆にあまり食わなくなるよな

24 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:08:51.05 ID:IXIOKiX70

6,000カロリーならナイススティックほん一齧りすれば
補えるどころかカロリーオーバーだな

25 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:08:55.43 ID:1Yvy8VFR0

>>1

なんでも翻訳してやるから英文持って来い 19
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/english/1561375107/

 

26 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:10:01 ID:a0UAGLm70

集中して考える能力と、それを持続する能力の高い人間は本当に脳のカロリー消費が高いと思う
アインシュタインはグリア細胞が特に発達してたって話だしな

27 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:11:01.70 ID:O8+MCtUW0

デスクワークだけしててもめちゃくちゃ腹減るからな
こんなのは言われなくてもわかる

28 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:11:35.93 ID:ideKbidp0

ブタは何も考えてないってことか?

29 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:11:42.39 ID:5yqJ/XiX0

普通の人でも摂取カロリーの3割は脳の活動のために消費されるんだっけ?

30 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:12:25.67 ID:FHsKAINE0

デヴはバカなの?

33 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:13:32.85 ID:bSEB/01X0

>>1
How Many Calories Can the Brain Burn by Thinking?

By Emma Bryce – Live Science Contributor 2 days ago Health 

Here’s how much energy you can burn when you put your mind to the test.

In 1984, the World Chess Championship was called off abruptly, due to the worryingly emaciated frame of Anatoly Karpov, an elite Russian player who was competing for the title.
Over the preceding five months and dozens of matches, Karpov had lost 22 lbs. (10 kilograms), and competition organizers feared for his health.

Karpov’s wasn’t alone in experiencing the extreme physical effects of the game. While no chess competitor has experienced such profound weight loss since then, 
elite players can reportedly burn up to an estimated 6,000 calories in one day — all without moving from their seats, ESPN reported.

Is the brain responsible for this massive uptake of energy? And does that mean that thinking harder is a simple route to losing weight?
To delve into that question, we first need to understand how much energy is used up by a regular, non-chess-obsessed brain. 

When the body is at rest — not engaged in any activity besides the basics of breathing, digesting and keeping itself warm — we know that the brain uses up a startling 20% to  25% of the body’s overall energy, mainly in the form of glucose. 

That translates to 350 or 450 calories per day for the average woman or man, respectively.
During childhood, the brain is even more ravenous. “In the average 5- to 6-year-old, the brain can use upwards of 60% of the body’s energy,” said Doug Boyer, an associate professor of evolutionary anthropology from Duke University.
Boyer researches anatomical and physiological changes associated with primate origins. 

This glucose-guzzling habit actually makes the brain the most energy-expensive organ in the body, and yet it makes up only 2% of the body’s weight, overall. 

35 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:15:03.01 ID:hKkloYYd0

脳は糖分しか受け付けないんじゃなかったっけ?

38 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:15:33.81 ID:bSEB/01X0

>>1
Exercising the mind?

Since the brain is such a big energy-guzzler, does that mean that the more we put this organ to work, the more energy it’ll slurp up — and the more calories we’ll burn? 

Technically, the answer is yes, for cognitively difficult tasks.
What counts as a “difficult”‘ mental task varies between individuals.
But generally, it could be described as something that “the brain cannot solve easily using previously learned routines, or tasks that change the conditions continuously,” according to Claude Messier, a professor of psychology and neuroscience at the University of Ottawa in Canada, who has studied cognition, diabetes and brain metabolism.
Such activities might include learning to play a musical instrument or plotting innovative moves during an intense game of chess. 

“When you train to learn something new, your brain adapts to increase energy transfer in whatever [brain] regions are activated by the training,” said Messier.
Over time, as we become more skilled at performing a particular task, the brain no longer has to work as hard to accomplish it, and so doing that task will eventually require less energy, Messier explained. 

Nevertheless, in those early stages of learning to perform a mentally taxing task, surely we can justify eating a sugary snack to boost our energy reserves? 

If you simply feel the need for a mood-boosting sugar rush, then yes. But if you believe your deep thinking will burn off that sugary snack, then unfortunately, no. 

Because against the backdrop of the brain’s huge overall energy usage, which is devoted to a multitude of tasks, the energy required just to think harder is actually comparatively tiny.
“Most of what’s going on, what slurps up the brain’s energy, is what we might call ‘under the hood,”” explained Messier.
“We are unaware of most of the activity going on in the brain. And a lot of that activity is unrelated to the conscious activities like learning how to sing or play the guitar,” he said. 

In other words, learning a new task or doing something difficult isn’t actually the most energy-taxing part of the brain’s work. In fact, “When we learn new things or learn how to do new activities,
the amount of energy that goes into that ‘new” activity is rather small compared to the rest of the brain’s overall energy consumption,” Messier added.

As Harrington explained, “The brain is able to shunt blood [and thus energy] to particular regions that are being active at that point. But the overall energy availability in the brain is thought to be constant.
” So, while there might be significant spikes in energy use at localized regions of the brain when we perform difficult cognitive tasks, when it comes to the whole brain’s energy budget overall, these activities don’t significantly alter it.

39 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:16:01.13 ID:bSEB/01X0

>>1
Pumped for action

But if that’s true, how do we explain why Karpov grew too skinny to compete in his chess competition? The general consensus is that it mostly comes down to stress and reduced food consumption, not mental exhaustion.  

Happen If You Shot a Gun In Space?

When the body is at rest — not engaged in any activity besides the basics of breathing, digesting and keeping itself warm — we know that the brain uses up a startling 20% to  25% of the body’s overall energy, mainly in the form of glucose. 

That translates to 350 or 450 calories per day for the average woman or man, respectively. During childhood, the brain is even more ravenous.
“In the average 5- to 6-year-old, the brain can use upwards of 60% of the body’s energy,” said Doug Boyer, an associate professor of evolutionary anthropology from Duke University. Boyer researches anatomical and physiological changes associated with primate origins. 

This glucose-guzzling habit actually makes the brain the most energy-expensive organ in the body, and yet it makes up only 2% of the body’s weight, overall.

43 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:18:16 ID:tIztA5JQ0

>>28
ブタは体脂肪率低いんだぞ?

44 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:20:04.98 ID:Z25YhKHj0

頭がいい人は甘いものすきやな人がおおいってよくいわれてたりするよね

45 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:20:08.47 ID:rtpD13Qw0

脳に無理矢理思考を促す機械を直結させて痩せる未来のダイエット法が見えてきたな…

49 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:24:23.49 ID:Xs046Che0

3倍のスカーフってなんだよ!

55 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:32:38 ID:Mg4ik/F40

デスノートのLっていたじゃん、俺は子供の頃アレに憧れてて教室で「うう、糖分が足りない」とか言いながら駄菓子のチョコ食べてたわけ。で、ある日いつもの「糖分が足りない」やってたのよ。机からお菓子とり出そうとしてね。そしたら皆クスクス笑ってるの。
つづく

58 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:33:10 ID:YF4xI7v70

デスノートで「L」が言ってた。

59 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:33:51.90 ID:DC1O5lkI0

ここまでデスノートなしか
時代は変わったな

61 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:36:07.63 ID:VbAVJZ3r0

頭の良い人はチョコみたいな甘いものをたくさん食べるイメージだけど
太っていないような気がするもんな

62 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:36:41.87 ID:KOVuuXhb0

手塚治虫 「チョコーーーーーー――――――っ」

68 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:40:13.60 ID:FmotraLw0

>>64
女はそういうのとっくに知ってるぞ

71 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:42:05.94 ID:VPny/+520

考えるだけで痩せるのでなく、考えるだけで禿げるんだろ

81 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:45:19.95 ID:GNT4CRb+0

>>1

そりゃ最もカロリー消費する臓器だからな

でも私は寝てる方が痩せるの速いがw

85 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:47:36.95 ID:H0cny6jL0

痩せるために使えるのは脳か筋肉だけ

91 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:49:53 ID:3nBpO0aj0

>>12
大平 阪口 鈴木大介

95 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:51:50.04 ID:WpnrKdCJ0

お前らはカロリーの塊だから将棋やチェス始めたらめちゃくちゃ強くなるんじゃないか?

100 :名無しさん@1周年:2019/11/11(月) 22:54:12.79 ID:veZwzXoS0

>>98
褐色脂肪細胞が多すぎて脳に栄養が回らない

218件をまとめました。
最新情報はこちら